本来の歯の白さを取り戻せるおすすめのホワイトニング歯磨き粉とは?

 

近年、白くてキレイな歯が人に好印象を与えるということから、男女を問わずホワイトニングに対する意識が変わってきています。人の歯は、何もせずずっと白く保っていくことはできません。年齢を重ねていくごとに歯も老化が進み黄ばんできたり、普段の生活習慣や食生活なども影響してくるため、白い歯でいるためには歯のお手入れが必要になってきます。

 

 まずは知っておいてください!

 

ホワイトニング歯磨き粉でできるのは、歯の表面の着色汚れや黄ばみを落として、本来の歯の白さを取り戻すまでです。
日本では、法律で歯自体を白くする成分が入った歯磨き粉は販売できないため、歯の内側から歯を白くすることはできません!

 

最近では、ホワイトニング効果が高い歯磨き粉が増えてきたこともあり、自宅でも歯の表面の黄ばみや着色汚れを除去して、本来の歯の白さを取り戻すことができるようになってきました。

 

歯の表面の白さだけではなく歯自体を白くしたいという方は、歯科医院で過酸化水素を使用したホワイトニングの施術をしてもらいましょう。

ホワイトニングの効果がある歯磨き粉おすすめ5選

プラークやステインを落とすために歯科医院でホワイトニングをしてもらいに行きたい!とは思いつつも、なかなか行くことができない…そんな方に、普段の歯磨きに取り入れるだけ、自宅でできるおすすめのホワイトニング歯磨き粉を紹介します!

 

ブレスマイルクリア

 

販売元:株式会社 ソーシャルテック
価格:初回限定 1,810円(税込)

 

■有効成分
ポリエチレングリコール400(着色汚れやヤニ除去する)
ゼオライト(歯石の沈着や口臭を予防する)
メタリン酸ナトリウム(歯石沈着の予防)
パール・シルク末(歯を白くする) など

 

健康食品・化粧品・医薬部外品の商品も販売している株式会社ソーシャルテックから、ホワイトニング歯磨き粉「ブレスマイルクリア」が発売され、厚生労働省から効果・効能を認められた有効成分が含まれており、雑誌などにも取り上げられています。
口内環境を健康にしてくれる有効成分、白い歯へと導くための有効成分、口臭ケアのための天然由来成分が42種など、たくさんの有効成分が配合されており、鉱物油、パラベン、石油系界面活性剤、シリコーン、紫外線吸収剤、漂白剤などは一切入っていないので、安心して毎日使用することができる歯磨き粉です。

 

薬用パールホワイトプロEXプラス

 

販売元:美健モール
価格:初回限定 2,178円(税込)

 

■有効成分
ポリリン酸Na・メタリン酸Na(ステインを浮かせて落とし歯石を抑制する)
DL-リンゴ酸(黄ばみ・油汚れをケア)
イソプロピルメチルフェノール(歯周病・口臭予防) など

 

製薬会社と共同開発した自宅でできるホワイトニング用の薬用成分が配合されているので、歯のホワイトニングだけではなく、健康な歯ぐき、口臭予防にまで効果が期待できます。
研磨剤・発泡剤・界面活性剤は使用されておらず、歯の表面の汚れを優しく引きはがすので、刺激や痛みがなく安全で安心して使用することができます。

 

APAGARD(アパガード) プレミオ

 

販売元:株式会社 サンギ
価格:1,628円(税抜)

 

■有効成分
ハイドロキシアパタイト(汚れの付着を予防して美しい歯をつくる)
ポリエチレングリコール400(着色汚れやヤニ除去する) など

 

歯の主成分であるハイドロキシアパタイトは、エナメル質に97%、象牙質に70%含まれている、体に欠かせない歯と骨の最も重要な構成成分で歯とほぼ同じ成分です。アパガードプレミオには、このハイドロキシアパタイトが配合されており、歯垢を吸着除去、ナノレベルで歯の主成分ハイドロキシアパタイトを補給し、ミネラルが溶け出したエナメル質の欠損部を修復・再石灰化してむし歯を予防してくれます。歯の表面のエナメル質を健康にしてくれて、パール成分なども配合されているので歯を白くしてくれます。

 

GC ルシェロ ホワイト

 

販売元:株式会社 ジーシー
価格:1,530円(税込)

 

■有効成分
高濃度に配合したLime粒子・ポリエチレングリコール(PEG)400(着色汚れやヤニ除去する)
モノフルオロリン酸ナトリウム(フッ素)(歯の再石灰化・虫歯予防)

 

歯科専売品のホワイトニング歯磨き粉で、WEBのみでAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングで販売されています。
薬用成分のポリエチレングリコールと高濃度に配合したLime粒子(清掃剤)が配合されているので、効果的に歯の黄ばみや着色汚れを落としてくれます。
ナノサイズの研磨剤が配合されており、汚れを浮かして着色汚れを落とすので毎日使用しても歯に傷がつくことがありません。歯に付着したヤニや着色汚れが気になる方におすすめです。
また、フッ素の濃度も高く、歯の再石灰化を促して虫歯予防をします。

 

はははのは

 

販売元:コハルト
初回限定価格:980円(税込)

 

■有効成分
ポリリン酸ナトリウムとメタリン酸ナトリウムをWで配合(ステインを浮かせる)
パパイン、ソープナッツ(天然ホワイトニング成分)
オリーブオイル、ホホバオイル、アロエエキスなど(歯の汚れを予防)

 

Wのホワイトニング成分、植物性ホワイトニング成分、完全無農薬で10種類のオーガニック成分+ココナッツオイルによって、磨くほどに歯本来の白さや口臭の予防が期待できます。
ジェル状で泡立ちが少なく、歯の歯の黄ばみが気になる、口臭が気になる方におすすめです。
研磨剤・パラベン・合成界面活性剤・漂白剤・発泡剤・着色料すべて不使用の体に優しい無添加の歯磨き粉です。

 

教えて!自宅でできるホワイトニング歯磨き粉 Q&A

初めて会う方の第一印象で大きく影響を与える口元は、歯の黄ばみや着色汚れがあると、実際は違っていてもだらしなく見えてしまったり、不潔に見られてしまうことがあります。最近では日本のでもホワイトニングに興味を持っている方も増えてきています。しかし、歯を白くキレイにしたいと思っても、まずは何から始めたらいいのかわからないという方もいるのではないでしょうか。

 

ここでは、まず簡単に始めることができる自宅でできるホワイトニング歯磨き粉についてよくある質問にお答えします。

 

 

 

Q1.ホワイトニング歯磨き粉で歯磨きをするとどうして歯が白くなるのですか?


 

 

A.ホワイトニング歯磨き粉には、歯の表面の黄ばみや着色汚れを落とす成分が配合されているので、毎日の歯磨きで徐々に歯の表面の汚れが除去されて歯を白くすることができます。


 

 

 

Q2.ホワイトニング歯磨き粉は、歯科医院で施術するホワイトニングのように真っ白な歯になりますか?


 

 

A.ホワイトニング歯磨き粉は配合されている有効成分によって歯の表面の汚れを落として本来の自然な歯の白さに戻すものなので、歯科医院で施術するような真っ白な歯にはなりません。


 

 

 

Q3.歯が傷ついたりしませんか?


 

 

A.使用するホワイトニング歯磨き粉によりますが、研磨剤が多く配合されたものや粗い研磨剤が配合されたものを使用すると、歯の表面のエナメル質が削られてしまい傷がついてしまいます。

 

研磨剤ではなく歯の表面の汚れを浮かせてから落とす効果がある「ポリリン酸ナトリウム」や、細かい粒子で歯の表面についてしまった傷の凸凹を埋めて、歯垢や着色汚れをつきにくくする効果がある「ハイドロキシアパタイト」が配合されているホワイトニング歯磨き粉がおすすめです。


 

 

 

Q4.ホワイトニング歯磨き粉をどのぐらいの期間使用すると白くなりますか?


 

 

A.歯の汚れ方にもよるので個人差はありますが、ポリリン酸ナトリウムやハイドロキシアパタイトなどの成分が配合されたものを使用した場合、一般的に3〜4ヶ月毎日使用することで効果が実感できます。


 

 

 

Q5.ホワイトニングには自宅で行えるホワイトニング歯磨き粉以外にどんな方法がありますか?


 

 

A.ホワイトニングの方法には、大きく分けて「オフィスホワイトニング」「ホームホワイトニング」「セルフホワイトニング」の3つの方法があります。


 

■オフィスホワイトニング

 

歯科医師や歯科衛生士で国家資格を持っていないと取り扱うことができない、歯の色素を分解する成分「過酸化水素等」を含む薬液を歯の表面に浸透させ、LED照射を使用して活性化させることで、歯の白さや明るさをアップさせます。

 

■ホームホワイトニング

 

歯科医院やホワイトニング専門クリニックでオーダーメイドでマウスピースを作ってから、過酸化水素とほとんど同じ成分で低濃度の「過酸化尿素」の薬液を医院で処方してもらい、自宅で毎日マウスピースに薬液のジェルを流し込んで装着することで徐々に白くしていきます。

 

■セルフホワイトニング

 

美容サロン・スポーツジム・ビジネスホテル・ホワイトニング専門サロンで展開

 

すべての施術工程を自分自身で行い、特殊なホワイト溶液、LED照射、ブラッシングをして歯を白くしていく方法で、歯がしみるのを避けたい方や、表面上の汚れだけを落としたい方などに向いており、安価で着色しやすい食べ物の食事制限もありません。
※画像は株式会社シャリオン「WHITENING NET」より

 

 

 

Q6.ホワイトニング歯磨き粉の成分は安全ですか?


 

 

A.市販の歯磨き粉には添加物や化学物質が入っているものが多く、歯のエナメル質を少しずつ削っていたり、発がん性がある成分が配合されているものがあります。

 

歯磨き粉を選ぶときには、添加物や化学物質が配合されていない、天然の背面活性剤やオーガニック成分など、お子さんからお年寄りまで安心して使用することができる安全な歯磨き粉を選ぶことをおすすめします。


 

歯磨き粉に含まれている基本成分とは?

歯磨き粉の基本成分に、口内のさまざまな目的ごとに、フッ素、歯周病予防、知覚過敏、ホワイトニングなどの薬用成分がプラスされた歯磨き粉が販売されています。

 

歯磨き粉の基本成分

 

  • 清掃剤(研磨剤)

    歯の表面の歯垢(プラーク)などの汚れを綺麗にします

  • 湿潤剤

    歯磨き粉に適度な粘り気を与えて、口の中が乾燥していても使用しやすくします

  • 発泡剤

    歯磨き粉を泡立たせて口内に拡散させる成分です

  • 粘結剤

    歯磨き粉の粉と液体を結合させて歯磨き粉に適度な粘り気を与えるなど、湿潤剤と同じような働きをします

  • 香味剤

    歯磨き粉の味や爽快感などの香りをつけたりなど、薬品などの味や臭いを消して歯磨き粉を使いやすくします

  • 保存料

    歯磨き粉の変質を防ぎます

 

そもそも歯の着色汚れや黄ばみの原因とは?

歯磨きをしたときの歯の表面を舌で触ってみるとツルツルとしていますが、時間がたってくると歯の表面がザラザラとしていませんか?毎日きちんと歯磨きをしていても、どうしても歯の表面についてしまう歯垢(プラーク)や着色汚れ(ステイン)は、毎日の歯磨き粉のときの磨き残しなどが、少しずつ歯に付着して蓄積されていき、歯の黄ばみや着色汚れになっていきます。

 

  • 歯垢(プラーク)

    歯の表面に膜のようになって付着している唾液の中の糖タンパク成分(ペリクル)に、口内が汚いことによって増えた細菌が付着してしまい、白または黄白色の歯垢が形成されます

  • 着色汚れ(ステイン)

    普段食べたり飲んだりする、お茶・コーヒー。紅茶・チョコレート・赤ワインなど、食べ物に含まれるポリフェノール類とペリクルが結びついてしまうことによって、歯の表面にステインとなって付着します

 

このような歯の汚れを何とかしたい、歯を白くしたいと思う方に効果があるのが、自宅でできるホワイトニング歯磨き粉によるホワイトニングです。

 

効果が実感できるホワイトニング歯磨き粉の選び方とは?

 

歯の黄ばみや着色汚れをなんとかしたい!とは思っているものの、歯科医院でホワイトニングするところまではまだちょっと…という方は、まずは、自宅で簡単にできるホワイトニング歯磨き粉で歯の表面をキレイにするところから始めてみましょう。

 

ただし、ホワイトニング歯磨き粉を選ぶときに注意していただきたいのが、選ぶ歯磨き粉によっては成分が強すぎたり、研磨剤によって歯が傷ついて逆に汚れやすくなってしまうものもあります。まずは購入する前に知っておいた方がいいポイントを紹介しますので、購入するときに参考にしてみてください。

 

研磨剤

ホワイトニング歯磨き粉を選ぶときに、一番注意していただきたいのが研磨剤です。研磨剤には粒のサイズや硬さがあり、選ぶものを間違えてしまうと、歯の表面の汚れを削り取ることで使い始めは歯の表面がキレイになり汚れが取れるものの、歯の表面が傷ついてしまうことで余計に汚れがつきやすくなってしまいます。

 

 

研磨剤のサイズ

 

研磨剤のサイズは、大きいものから小さいものまでさまざまなサイズのものがあります。
大きなサイズの粒ほど、歯の表面が傷つきやすく炎症を起こしてしまうこともあります。研磨剤は黄ばみや着色汚れを落とすためには有効なので、歯の表面のエナメル質や歯ぐきを傷つけないナノ粒子レベルのものを選びましょう。
ハイドロキシアパタイトなどの極小粒の研磨剤は安全性が高く、黄ばみや着色汚れを歯の表面から浮かせて落とす効果があるポリリン酸も、歯の表面を傷つけることがなく安心です。

 

研磨剤の硬さ

 

研磨剤の硬さは、モース強度と呼ばれる鉱物などの硬さを表す数値が使用されています。数値が7以下であれば、エナメル質でできている歯よりも柔らかいため、歯を傷つけることなく安心して使用できます。
しかし、研磨剤として多く使用されている無水ケイ素はフッ素との相性もいいのですが、モース強度が7と強度が高いため汚れは落ちますが、歯を傷つけてしまいやすいので注意が必要です。

 

研磨剤の配合量

 

研磨剤の配合量が多い歯磨き粉を使用していると、その分歯に傷がついてしまい余計に汚れがつきやすくなります。
歯磨き粉に含まれている成分の配合量は、多いものから順番に記載されているので、研磨剤が最後の方に書いてあるものを選ぶようにしましょう。

 

一般的な研磨剤

  • 含水ケイ素
  • 無水ケイ素
  • 軽質無水ケイ素
  • シリカ
  • 酸化チタン
  • 重質炭酸カルシウム
  • 炭酸カルシウム など

 

おすすめ! 粒子が細かい研磨剤

  • ヒドロキシアパタイト
  • ハイドロキシアパタイト
  • ピロリン酸ナトリウム
  • リン酸水素カルシウム など

 

有効成分

ホワイトニング歯磨き粉には、歯の表面の黄ばみや着色汚れを除去する成分だけではなく、その他にもさまざまな歯にいいとされる効果を発揮する成分があります。

 

 

フッ素

 

最近のほとんどの歯磨き粉に配合されているフッ素は、もちろんホワイトニング歯磨き粉にも配合されています。フッ素自体に歯を白くする働きはありませんが、虫歯を抑える効果が期待できます。
食事をしたあとの酸性になっている口の中は、歯のミネラル分が溶け出してしまい虫歯の原因となってしまいます。フッ素は酸の形成を抑える働きがあるとされています。

 

ハイドロキシアパタイト(ヒドロキシアパタイト)

 

ハイドロキシアパタイトはとても細かい粒子なので、研磨剤と同じようにすでに付着している歯の表面の汚れを除去する効果があります。しかし、歯の表面を傷つけてしまう研磨剤とは違い、歯と同じエナメル質に近い成分なので歯の表面の目に見えないような細かい傷を埋めて、着色汚れや歯垢が付着しにくくなめらかな歯の表面にする働きが期待できます。

 

ポリリン酸ナトリウム

 

歯の表面に付着している黄ばみや着色汚れを浮かして落とす効果と同時に、歯をコーティングして汚れや着色が再び付着しないように予防をしてくれます。
ポリリン酸ナトリウムには、長鎖・中鎖・短鎖ポリリン酸などいくつかの種類がありますが、汚れを落とす力が強い短鎖ポリリン酸がおすすめです。(EXポリリン酸と表記されている場合もあります)

 

発泡剤

歯磨き粉の泡立ちのために配合されている発泡剤(ラウリル硫酸ナトリウム)は、泡立っていることで歯磨きがきちんとできているつもりになってしまいますが、実は泡が邪魔になって磨き残しができやすくなります。
そのため、できる限り配合量が少ない歯磨き粉を選びましょう。泡立ちが少ないことで長い時間歯を磨くことができ、すみずみまでブラッシングができるので磨き残しがなくなり、歯磨き粉の有効成分も行きわたらせることができます。

 

価格

ホワイトニング歯磨き粉の価格は、商品によって安いものから高いものまで大きな差がありますが、価格が安いものほど、一般的に簡単に製造することができる成分を使用するので、歯の表面を傷つけてしまうことがあります。
価格が高いからといって全てがいいものだとは言えませんが、価格が高いホワイトニング歯磨き粉には歯の表面のエナメル質を傷つけないように、研磨成分を極小粒にした成分を開発するコストやその成分が多く含有されています。そのため、どうしても価格は高めになってしまいます。

 

ブラッシングの仕方によってホワイトニング歯磨き粉の効果がアップ!

 

ホワイトニング歯磨き粉の効果をアップさせるには、ブラッシングの仕方も重要です。基本的に優しくブラッシングをすることが大切で、歯ブラシをグーで持って強く磨いてしまいがちな方は、ボールペンを持つようにして磨ける真っすぐで細めの歯ブラシを、しっかりと握ることができない方は握りやすい太めのものを選びましょう。

 

 

歯医者さんが推奨するブラッシング方法

スクラビング法(3分)+バス法(2分)を組み合わせる

 

  • スクラビング法


    歯の外側は歯ブラシの毛先を歯に90度にあてて、鉛筆を持つようにして力を入れすぎず(毛先が広がらない程度)小刻みに横に動かし、歯の内側は歯ブラシの毛先を歯に45度にあてて磨き、歯間部の歯垢を落とします。

  • バス法

    歯ブラシの毛先を歯ぐきと歯の境目に45度の角度にあてて、鉛筆を持つようにして力を入れすぎず(毛先が広がらない程度)小刻みに横に動かして磨き、歯周ポケットの汚れをかき出す磨き方です。

 

普段なんとなくしている歯磨きですが、歯医者さんが推奨するブラッシング方法によって、ポイントをしっかりと押さえて歯磨きをすることでホワイトニング効果がアップします。

 

ホワイトニング歯磨き粉にマウスウォッシュをプラス!


自宅でできるホワイトニング歯磨き粉で歯の表面の汚れを落とすことと同時にマウスウォッシュもプラスすることで、歯の表面の黄ばみや着色汚れだけではなく、歯磨き気のときの磨き残しの補助的な役割をして、歯周病、虫歯、口臭をトータル的にケアをすることができます。

 

マウスウォッシュはデンタルリンスとも呼ばれており、ホワイトニングが一般的である欧米では、オーラルケアの1つとしてマウスウォッシュも取り入れられています。

 

ホワイトニング歯磨き粉のまとめ

人の歯は飲食をすることでどうしても汚れてしまいます。しかし、歯の表面につく汚れが付着してしまう前に、食後の歯磨きが難しい場合には口をゆすぐだけでも汚れ方が違ってきます。また、就寝中には唾液の分泌量が少なくなることで口内環境が悪くなりがちなため、就寝前の歯磨きは優しいブラッシングでしっかりと磨いて、口の中に汚れが残らないようにしましょう。

 

ホワイトニング歯磨き粉は、毎日の歯磨きで歯の表面の黄ばみや着色汚れを落として本来の歯の白さを取り戻すための方法です。
購入するときには、歯の汚れを落とすことができるのか、歯の表面のエナメル質を傷つけてしまわないかなど、自分が望む成分が配合されて効果が期待できるのかをチェックしてから購入しましょう。

 

本来の自然な歯の白さでは物足りないという方や、今すぐ歯を白くしたいと即効性を求める方は、ホワイトニング歯磨き粉ではなく歯科医院でのホワイトニングがおすすめです。