海外ではあたりまえ?歯のホワイトニングとは

 

近年では日本でも注目されている歯のホワイトニングですが、アメリカでは1989年に実用されるようになってから、現在アメリカのほとんどの歯科医院でホワイトニングの施術があたりまえのように行われているので、アメリカの方の歯が真っ白な方が多いですね。

 

最近は、たくさんのメディアなどでも話題になっていることもあり、日本の一般の方もホワイトニングに対する意識が変わってきて、ホワイトニングをしたいという方が増えてきて、歯を白くすることで見た目も気持ちも若返ってアンチエイジングにもつながっているようです。

 

歯を白くするホワイトニングの3つの方法とは?

一般的に歯のホワイトニングは大きく分けて「オフィスホワイトニング」「ホームホワイトニング」「セルフホワイトニング」の3つに分けることができます。

 

オフィスホワイトニング

 

歯科医院で施術するホワイトニングは、高濃度の「過酸化水素」を使用した薬剤を歯の表面に添付して、特殊なライトやレーザーを照射してホワイトニング効果を高める方法で、歯が白くなるまで短時間で効果が出やすいのが特徴です。

 

しかし、即効性があるものの、色の濃い食べ物や飲み物によって再び黄ばみや着色がついてしまうことが少なからずあります。白い歯を持続するためには定期的に施術を行う必要があり、濃度が高い薬剤を何度も使用するので歯や歯茎へのダメージや知覚過敏などを起こしてしまうことがあります。

 

歯科医院でのホワイトニングで使用される高濃度の「過酸化水素」は、日本の薬事法で毒物及び劇物として指定されており、歯科医院で安全に取り扱うことが必要なので、国家資格を持っている歯科医師や歯科衛生士しか取り扱うことができません。

 

ホームホワイトニング

 

歯科医院やホワイトニング専門クリニックで、オーダーメイドのマウスピースを作って、過酸化水素とほとんど同じ成分で低濃度の「過酸化尿素」の薬液を医院で処方してもらい、自宅でマウスピースに薬液のジェルを流し込んで装着します。

 

毎日使用することで徐々に白くしていくため、オフィスホワイトニングよりも即効性はありませんが、持続期間が長いので定期的に行うことで歯の白さを維持することが出来ます。また、薬剤の濃度が低いので歯や歯茎のダメージが軽減されるため、知覚過敏などが起こりにくくなります。

 

自宅で行うホームホワイトニングは自分で継続していかなければ効果がでないため、面倒かもしれませんが持続する努力が必要になります。

 

セルフホワイトニング

美容サロン・スポーツジム・ビジネスホテル・ホワイトニング専門サロンで展開している、すべての施術工程を自分自身で行う方法です。

 

特殊なホワイト溶液、LED照射、ブラッシングをして歯を白くしていくので、歯がしみることを避けたい方や、歯の表面の汚れを落として本来の白さを取り戻したい方などに向いています。価格もお手頃で着色しやすい食べ物の食事制限もありません。

 

 

※画像は株式会社シャリオン「WHITENING NET」より

 

 

この3つの方法のうち、歯科医院で施術するホワイトニング以外は、歯の表面の汚れを除去するだけなので歯の内側からは白くなりません。

 

自宅でホワイトニング歯磨き粉を使用して自然な白さにする方法

歯の表面の黄ばみや着色汚れは気になるものの、上記の3つの方法以外でもっと簡単に歯の汚れを除去したいという方は、まずは、いつも使用している歯磨き粉をホワイトニング歯磨き粉に変えてみましょう。

 

歯磨き粉に配合されているホワイトニング成分と正しいブラッシングによって、歯の黄ばみや着色汚れなどの歯の表面の汚れを落とすことで、歯がもつ本来の白さを取り戻す方法です。

 

歯を傷つけないおすすめの有効成分

  • ヒドロキシアパタイト
  • ハイドロキシアパタイト
  • ポリリン酸ナトリウム
  • リン酸水素カルシウム など

 

歯科医院でホワイトニングをすることが難しい方や、歯科医院でのホワイトニングになかなか踏み切れない方など、ホワイトニング歯磨き粉はオフィスホワイトニングのように即効性はなく、歯の内側から漂白して歯を真っ白にすることはできませんが、まずは自宅で簡単にホワイトニングを試して、自然なピカピカの白い歯を目指しましょう!