歯の黄ばみや着色汚れの原因になる食べ物や飲み物って何?

 

歯の黄ばみや着色汚れの原因いは普段の食生活が大きく関係しています。汚れの原因として一般的に知られているのはコーヒーや紅茶などですが、毎日の食事でも歯に汚れがつきやすい食品が実はたくさんあるのを知っていますか?

 

歯に着色しやすい食べ物や飲み物とは?

歯の黄ばみや着色汚れを防ぐためには、着色しやすい食べ物や飲み物をできるだけ避けることが必要です。では、どのような食べ物や飲み物が汚れの原因となりやすいのでしょうか。

 

唾液に色がつく食べ物や飲み物

唾液に色がつきやすい濃い色の食べ物や飲み物は、その唾液の色が歯に着色してしまいます。

 

醤油・味噌・ソース・ケチャップ・トマトや人参などの緑黄色野菜

 

ポリフェノールやアントシアニンを含む食べ物や飲み物

健康にいいとされているポリフェノールを多く含む食べ物や飲み物は、着色汚れが最もつきやすいのでなるべく控えた方がいいでしょう。

 

赤ワイン・ぶどう・ココア・チョコレート・いちご・ブルーベリーなど

 

赤ワイン
赤ワインにはアンチエイジングや健康にいいと言われるポリフェノールが多く含まれていますが、色が濃くタンニンも含まれているので歯の表面に付着してしまいます。
また、アルコールによって歯の表面のエナメル質が溶けやすくなります。

 

チョコレート
抗酸化作用があるためアンチエイジングなど美容の面でも注目されるカ、チョコレートに含まれるカオマスポリフェノールですが、色が濃いため多く摂りすぎると歯の表面に着色してしまいます。

 

タンニン、カテキンを含む食べ物や飲み物

ポリフェノールの一種であるタンニンは、いわゆる「しぶ」といわれる成分です。お茶を入れるカップに「茶渋」がつくのと同じで、歯にも着色をさせてしまいます。

コーヒー・緑茶・紅茶・ウーロン茶など

 

紅茶
紅茶に含まれているタンニンの渋み成分は、摂取したときに唾液の中に含まれているカルシウムなどの金属イオンと結合します。その後歯の表面を覆っている膜(ペリクル層)に付着しやすく、紅茶の色が濃いほど歯の表面に着色しやすくなります。

 

コーヒー
カフェインの苦み成分であるポリフェノールの一種であるクロロゲン酸は、動脈硬化であったり糖尿病の予防になると言われていますが、色が濃く歯の表面に着色しやすいため、毎日のコーヒーが欠かせないという方ほど、歯の黄ばみや着色汚れが目立ちます。

 

ウーロン茶
紅茶と同じ茶葉でできているウーロン茶もタンニンが含まれています。発酵度合いが紅茶よりは浅いのですが、どちらにしても色が濃いので、摂取することでタンニンが歯の表面に付着してしまいます。

 

緑茶
紅茶と同じ茶葉でできている緑茶もタンニンが含まれていますが、発酵度合いが紅茶やウーロン茶の中では一番浅いのでタンニン少ないと言えます。しかし、タンニンが含まれている時点で歯の表面に付着しやすいので注意が必要です。

 

イソフラボンを含む食べ物や飲み物

イソフラボンもポリフェノールの一種で、歯に色素沈着を起こしやすく、食べ物や飲み物の色が濃くなくても歯を黄ばませてしまいます。

 

納豆・豆腐・豆乳など

 

酸性の食べ物や飲み物

歯の表面のエナメル質の保護作用があるペリクルは、酸性の強い食べ物や飲み物をとることで剥がれて刺激を受けやすくなり着色しやすくなります。

 

トマト・レモン・ケチャップ・わさび・からし・マスタード・ カレーなど

 

カレー
カレーに含まれているスパイスの黄色のウコン(ターメリック)は天然の着色料です。特にカレーは時間がそれほどたっていなくても色が落ちにくくなります。カレーを食べた場合、すぐに歯磨きをすれば着色しにくいのですが、そのまま放置していると黄色や茶色く着色してしまいます。

 

着色しやすい食べ物や飲み物を摂った時の対処方法とは?

毎日の食生活のなかで、着色しやすい食べ物や飲み物はとても多く、着色するからと避けることは栄養不足や食べたいものを我慢してストレスをためてしまうことになります。

 

着色しやすい食べ物や飲み物を摂った後には、食後に次のような方法で対処するようにしましょう。

 

@食事中の飲み物を水にする
飲み物はお茶など色のあるものではなく、ミネラルウォーターなどの水がおすすめです。食事中に水を飲む事で、着色の原因を洗い流すことができます。

 

A食後は水でうがい・歯磨きをする
食事をした後に歯磨きやうがいをする事によって、口の中の着色の原因を洗い流す事ができます。歯磨きが難しい時にはうがいをするのがおすすめです。

 

歯に色がつきやすい食べ物のまとめ

歯の表面についてしまう黄ばみや着色汚れは、洗濯物についてしまった汚れと同じで、一度ついてしまった汚れはすぐに洗えば落ちやすいのですが、時間がたってしまうと汚れが落ちにくくなります。

 

いくら色が濃いものを食べると着色しやすくなるとはいえ、まったく摂取しないようにすることは難しいことや、またおいしい食べ物や飲み物をまったく摂取できなくなるのはツライため、その後の対処法が重要になってきます。

 

お茶をどうしても飲みたい場合には、紅茶、緑茶、ウーロン茶などを避けて、ほうじ茶、麦茶、そば茶などタンニンが少ないものを選んでみたり、色の濃い着色しやすい食べ物や飲み物を摂取した場合には、摂取したあとすぐに口をゆすいだり歯磨きをすることで、歯の黄ばみや着色汚れを予防することができます。