海外では歯を真っ白にする歯磨き粉が市販されているって本当?

 

アメリカの方の歯は日本の方と比べると真っ白だというイメージはありませんか?
アメリカでは、真っ白な歯であることが一般的になっているほどホワイトニングに対する意識が高く、漂白効果がある薬剤「過酸化水素」や「過酸化尿素」が配合された歯磨き粉がドラッグストアなどで簡単に入手することができます。

 

日本では漂白効果がある薬剤は歯科医院でしか取り扱うことができないため、市販のホワイトニング歯磨き粉には配合されていません。そのため、日本でのホワイトニング歯磨き粉の効果は、歯の表面の黄ばみや着色汚れを除去して、もともとの歯の白さを取り戻すものです。

 

日本では海外のホワイトニング歯磨き粉を購入することができないため、海外旅行へ行ったときに海外のホワイトニング歯磨き粉を購入している方もたくさんいるようです。

 

海外製のホワイトニング歯磨き粉の効果とは?

出典:Amazon

 

歯のホワイトニングが一般的なアメリカでは、過酸化水素が配合されているホワイトニング歯磨き粉の種類も豊富にあります。
その効果も歯の表面の黄ばみや着色汚れを落とすだけではなく、歯の内側から色素を分解して本来の歯の白さよりも白くすることが期待できます。

 

日本では歯の内側の色素を分解して歯の漂白する、「過酸化水素」や「過酸化尿素」を使用したホワイトニングは、薬剤が歯にしみたり、痛みを感じたり、薬剤が歯茎に付着したときに白くなってしまうなどのリスクがあることから、歯科医師や歯科衛生士で国家資格を持っている方しか取り扱うことができません。

 

海外のホワイトニング歯磨き粉の注意点

  • 薬剤の成分によって痛みを感じることがある
  • 知覚過敏になりやすい
  • トラブルが起きてしまった場合自己責任
  • 海外から輸入されるため価格が高くなる
  • 無カタラーゼ症の方は使用できない

 

海外のホワイトニング歯磨き粉には漂白成分が入っているとはいえ、一般の方が使用できるように安全性は考慮されており、薬液の濃度も歯科医院で施術されるホワイトニングの薬剤よりは低くなっています。

 

しかし、歯を白くする漂白剤として海外のホワイトニング歯磨き粉に配合されている過酸化水素は、一般的に言うとオキシドールのことで、粘膜や血液と反応したときに泡や熱を放出して口腔内の粘膜を刺激する副作用があります。

 

日本では、歯科医院でホワイトニングの施術をするときには、過酸化水素が口の中に触れないようしっかりと保護をしてくれるので安全ですが、海外のホワイトニング歯磨き粉の場合、口腔内の粘膜に成分がそのまま触れることになります。

 

日本人はエナメル質が薄くて弱く、欧米の方と歯の性質が違っているので、痛みや違和感を感じやすい方が多いようです。痛みや違和感を感じた場合には、使用回数を減らしたり使用を中止しましょう。

 

また、無カタラーゼ症の方は、過酸化水素の配合されている海外のホワイトニング歯磨き粉を使用することができません。
使用していはいけないことを知らずに使用すると、口腔内が壊死する可能性があるため注意が必要です。

 

このように、海外のホワイトニング歯磨き粉が日本で認可されていない理由は、重篤な被害の可能性があるためです。

 

日本で販売されているホワイトニング歯磨き粉の効果とは?

一般的に日本で販売されているホワイトニング歯磨き粉のホワイトニング効果は、「清掃剤」や「研磨剤」による、歯の表面の黄ばみや汚れを浮かせて除去します。

 

しかし、ここで注意しなければいけないのが、安いホワイトニング歯磨き粉には研磨剤の粒が大きいものが使用されていることが多く、歯の表面のエナメル質に傷がついてしまい余計に汚れが付着してしまいます。

 

そのため、歯の表面に傷がつきにくい粒子の細かい研磨剤の歯磨き粉、研磨剤が配合されていない歯磨き粉、歯の表面の汚れを浮かせて除去する成分が配合されたホワイトニング歯磨き粉を選ぶようにしましょう。

 

おすすめのホワイトニング成分

 

  • ハイドロキシアパタイト(ヒドロキシアパタイト)
  • ポリリン酸ナトリウム
  • ポリアスパラギン酸
  • リンゴ酸
  • メタリン酸ナトリウム
  • PEG-8(マクロゴール400)
  • PEG-600(ポリエチレングリコール600)  など

 

これらのホワイトニング成分は、歯の表面についた黄ばみ・着色汚れ・ヤニなどの汚れを浮かせて除去するため歯の表面を傷つけません。

 

 

避けたい研磨剤の成分

 

  • 炭酸カルシウム
  • 炭酸水素ナトリウム
  • 無水・含水ケイ酸
  • リン酸カルシウム
  • 水酸化アルミニウム
  • ピロリン酸カルシウム
  • マイクロクリスタリンワックス
  • 酸化チタン
  • シリカ  など

 

これらの成分は研磨剤の粒子が大きく歯の表面の汚れを削って落とすので、歯の表面のエナメル質が傷ついてしまい、余計に汚れが付着しやすくなります。

 

海外のホワイトニング歯磨き粉のまとめ

歯の黄ばみや着色汚れは、緑茶、コーヒー、紅茶、ウーロン茶、赤ワインなどのポリフェノールを含む飲み物、カレー、ソース、醤油、ケチャップなどの色の濃いものやタバコなどが原因になっています。

 

また、日本人は元々エナメル質が薄いので、歯が黄色く見える人が多いこともありますが、食事ですり減ったり、炭酸、スポーツドリンク、オレンジジュースなどの酸の強い飲み物を飲むことで、エナメル質が溶けやすくなります。歯の表面のエナメル質が薄くなることで、黄色い象牙質が透けて見えてしまい歯が黄色く見えることもあります。

 

歯の汚れが気になって、自宅でホワイトニング歯磨き粉を使用して歯を白くしようと考えている方、歯の汚れが気になっていてもなかなか人に相談することもできずに悩んでいる方は、まず日本国内で販売されている、研磨剤が使用されていないホワイトニング歯磨き粉をおすすめします。

 

しかし、どうしても歯磨き粉で歯科医院で施術されるような真っ白な歯にしたいという方は、自己責任になりますが海外製のホワイトニング歯磨き粉を使用してもいいでしょう。歯の痛みや知覚過敏などが不安だという方は、歯科医院でのホワイトニングをおすすめします。