口呼吸をすることで口内にどんな影響が出るの?

 

気がつくとついつい口で息をしていることはありませんか?毎日の生活のなかで呼吸の仕方を意識したことはそれほどないという方も多いのではないでしょうか。
口呼吸よりも鼻呼吸の方がいいということは知っていても、風邪や花粉症などのアレルギー症状などで鼻がつまって口呼吸になっていたりなど、無意識のときに「口の中が乾くなぁ」と、そこでようやく気がついたりすることもあります。

 

「鼻呼吸」より「口呼吸」がよくないと言われるのはどうして?

口呼吸ではなく鼻呼吸では、1日に約1リットルも分泌される鼻水が、鼻を通る空気に90%以上の湿度にして体内に入り乾燥を防いでくれています。
鼻呼吸の場合、鼻毛があることでほこりが体内に侵入するのを防ぎ、鼻粘膜に生えている微細な線毛と、抗体がある粘液が細菌やウイルスなどを捕獲することで鼻から入った異物の多くが排除されるため、感染症にかかるリスクが少なくなります。

 

では、口呼吸の場合にはどんな影響があるのでしょうか。

 

虫歯・歯周病・口臭になりやすくなる

口内は基本的に唾液が出ており、口の中の細菌をやっつけたり、汚れを洗い流したりなど様々な働きをしてくれるのですが、口呼吸によって口内が乾燥してしまうと虫歯や歯周病の原因菌が繁殖してしまいます。また、歯の表面も乾燥してしまうことで汚れがつきやすくなり、歯の黄ばみや着色汚れの原因にもなります。

 

老化を促進してしまう

口呼吸は常に口の周りの筋肉(口輪筋)が緩んだ状態になり、使わない筋肉はどんどん衰えていくため、顔の表情筋も緩んだ状態になってしまい、目元や頬、口元などにたるみやシワの原因となってしまいます。口呼吸は、舌の位置を固定するための筋肉も衰えてしまうため、二重あごやいびきをかく原因にもなります。

 

歯並びが悪くなる

慢性的な口呼吸は口を開いている状態が続いているので、外側からの唇や頬の筋肉からの圧力がかからず、内側からの舌による圧力ばかりがかかった状態になるため、出っ歯や受け口などの歯並びが悪くなる原因になることがあります。

 

風邪や感染症にかかりやすい

口呼吸では、鼻呼吸のように細菌やウィルスを退治することができないため、口で空気を吸ったときに一緒に入ってきた細菌やウィルスに感染してしまい、風邪やインフルエンザ、感染症などにかかりやすくなります。

 

口で呼吸する対策とは?

風邪や花粉症などのアレルギー症状、口呼吸の方がたくさん息が吸えるからなど、口呼吸になってしまう原因は1つではありません。
口呼吸によって体に起こる影響を知ることで鼻呼吸にしなければと思った方も多いのではないでしょうか。

 

鼻がつまっているから鼻呼吸ができない方は、まずは耳鼻科で診察してもらい原因を治療していくことが必要です。
鼻が詰まっておらず鼻呼吸ができる方は、意識的に口を閉じるようにしていけば少しずつ改善することができます。また、一時的に鼻がつまる場合は鼻粘膜の血流が悪くなっていることがあるので、鼻を暖めることによって血行が促進されることで鼻づまりが解消されたりします。

 

鼻呼吸にするために、日常生活のなかで口呼吸を改善するための対策はどんなことができるのでしょうか。

 

口呼吸対策

 

 

◆ガムをかむ

 

口を閉じてガムをかむことで口を閉じて鼻呼吸をする練習や口の周りの筋肉を鍛えることができます。

 

◆鼻呼吸テープを口に貼る

 

ドラッグストアなどでも購入できる鼻呼吸テープで、寝ている時に口が開かないようにするのに効果的です。

 

◆マスクをつける

 

マスクをつけることで鼻呼吸を意識することができ、うっかり口呼吸をしても口の中の乾燥を防ぐことができ、ウィルスや感染症の予防をすることができます。

 

◆あいうべ体操

 

口で呼吸をしてしまう原因の1つには口を閉じるための筋力が不足していることもあるため、毎日少しの時間トレーニングをして筋力アップさせることでで口を閉じる力をつけて鼻呼吸することが大切です。また、太っているとあごや首の周りにも脂肪がついてしまい気道を塞いでしまい口呼吸になってしまいます。

 

大きな口を開けて「あー、いー、うー、べー」と5秒、1日30セット(約3分間)を目標にしてやってみましょう!

 

まとめ

口呼吸は癖になってしまっている方もいれば、鼻が慢性的に詰まっている方など原因は1つではありません。最近では口呼吸を改善するための予防グッズなどもドラッグストアなどで販売されているので、そういったグッズを利用するのも1つの方法です。

 

口呼吸をすることによるメリットはありません。年齢とともに衰えていく顔の表情筋やあごのたるみなどは、鼻呼吸に改善するためにもトレーニングをして筋力をアップさせて口呼吸から鼻呼吸へ改善をしていきましょう。