自分に合った歯ブラシが使えてる?

 

歯磨きは1日にする回数は人それぞれ違いますが、ほとんどの方が毎日行いますよね。しかし、歯磨きと言っても正しく磨けて本当に口内がキレイになっているのかは実はわからないという方も多いのではないでしょうか。
舌で歯の表面を触ったときツルツルとしているからキレイになったと思っていても、歯の隙間にはまだ食べ物の残りかすや歯垢が残っているなんてことも…。

 

歯や口内の環境などはみんなが同じわけではありません。そのため、自分に合った歯ブラシの形状や硬さのものを選ぶことが歯をキレイに磨くためのポイントとなります。

 

歯ブラシにはどんな種類のものがあるの?

自分に合った歯ブラシを探してみようと、ドラッグストアなどに行ってみると、歯ブラシのコーナーには「こんなにたくさんの種類のなかからどれを選べばいいんだろう…」というぐらいたくさんの種類が並んでいます。
歯ブラシにはどんな種類のものがあって、なにをポイントにすればいいのかを紹介しますので、選ぶときの参考みしてみて下さい。

 

歯ブラシの硬さ

かため
ブラシの部分が硬いので汚れを落とす効果が高いというのが特徴です。しかし、力を入れすぎて磨いてしまうと歯が削れてしまったり歯茎が傷ついてしまいます。
歯茎が弱くなっている方の場合には、出血をしてしまうこともあるので注意が必要です。

 

ふつう
一般的な硬さの歯ブラシなので、正しく歯磨きが出来ていれば歯の汚れをきれいに落とすことができます。

 

やわらかめ
歯茎に炎症がある方や、小さなお子さんや高齢の方など、歯や歯茎に傷がつきにくく優しく磨くことができます。ブラシがやわらかいと汚れを落とす効果が弱くなるのではと思いがちですが、歯垢は軟らかいので正しいブラッシングで十分に落とすことができます。

 

歯ブラシの毛先の切り口

山型
歯の隙間など1本1本に対してフィットしやすく、歯の間の汚れを落としやすい形状です。
しかし、山型に毛先がカットされているので、山のてっぺんにしか歯が当たらないこともあるので磨き残しができやすいので注意しましょう。

 

平型
平坦に毛先がなっているので、複雑な並びの所や歯茎に炎症があるときなど、先細のものを選んで歯ブラシの向きを変えて磨いたりすることで細かい所まできれいにすることができます。

 

歯ブラシのヘッドの大きさ

ヘッドの大きさの目安は、歯ブラシの毛の部分の幅が、上の前歯2本分か下の前歯4本分の物がおすすめです。

 

コンパクトヘッド
奥歯などの歯ブラシが届きにくい部分にまで毛先が届くので、しっかりと磨くことができます。

 

大きめヘッド
前歯など歯の表面の面積が大きい部分は磨きやすく早くキレイになりますが、奥歯などの細かい部分は磨きにくいこともあり汚れが残りやすくなります。

 

歯間ブラシ

歯磨きは歯ブラシだけで磨くと、歯と歯の間の汚れは60%程度しか除去することが出来ていません。そのため、補助的な歯磨きとして歯間ブラシではと歯の間に残った汚れを取り除くことがおすすめです。
特に歯と歯の間に隙間ができてきた方は、歯茎に負担がかからない細〜太サイズから自分に適したものを選んで使用しましょう。

 

まとめ

最近の歯ブラシには【歯科医推奨!】や【歯科医が勧める】などわかりやすく説明がかいてあるものがあるので、いろいろなタイプのものを試してみてもいいのですが、上記に書いてあることを参考にして、自分はどんな歯ブラシが合っているのか知って選んでみましょう。

 

歯磨きは歯の汚れを落とすためにするので、正しい歯磨きの仕方と、自分に合った歯ブラシを使用することで磨き残しがないようにすることができます。
どの歯ブラシが自分に合っているのかわからないときには、歯科医院で相談してみましょう。