歯垢っていったいどんなものなの?

歯を磨いた後にはなくなるのに時間がたって気がつけば歯についている、白いネバネバした塊を不思議に思ったことはありませんか?なかにはただの食べカスだと思っている方もいるのではないでしょうか。

 

歯垢は舌でさわるとザラザラとしているのでついているのがすぐわかるのですが、ネバネバと粘着性があるため水で口をゆすいでも取ることができません。

 

この白いネバネバの塊は小さい頃から「歯垢(しこう)」と呼ばれて知っているものの、実際にはどのようにして歯につくのか、歯にどのような影響があるのかということは詳しくは知らないという方も多いですよね。

 

歯垢が歯につく原因とは?

人間は食事をしなければ生きていけません。しかし、食事をしたときに口内に食べたもののカスが残った状態で汚れたのを放置していると、歯の表面に白色や黄白色をしている塊=歯垢がついてしまいます。テレビの歯磨き粉のCMなどでよく聞く「プラーク」とも呼ばれていますね。

 

だ液の中の糖タンパク成分が歯の表面にコーティングされ(ペリクル)、そこに細菌がつくことで歯垢が増殖していくので、食事をすると食物中に含まれる糖分を栄養源にして増殖し、ネバネバした歯垢がどんどん形成されていきます。

 

歯垢は歯に付着する細菌やその代謝物の塊で、この中には細菌が約600種類も存在しており、歯垢1mg(耳かき1杯程度)に細菌は約1億個もいると言われるほど増殖します。

 

歯垢をそのままにしておくとどうなるの?

毎日ブラッシングをしていても磨き残しがどこにあるのかなかなかわからないものです。その磨き残しの歯垢の中には、虫歯菌や歯周病菌などの細菌が存在するため、そのままにすることで歯石や口臭、虫歯、歯周病の原因になってしまいます。

 

虫歯

 

食後の口腔内は、乳酸菌や虫歯菌が酸を生成することで酸性に傾いて歯のカルシウムを溶かしてしまいます。この現象を脱灰(だっかい)と言い、食後30分程してから歯磨きをして口内をキレイにすれば、脱灰が起こっても唾液の働きにより酸は中和されて、溶けたカルシウムは元通りに修復されます。この現象を再石灰化と言います。

 

しかし、歯垢がついた状態が長く続いて、歯の修復が追いつかないまま脱灰が進行してしまうと、虫歯菌は、さらに食べ物や飲み物に含まれる糖質をエサにして酸を作り出し、歯が溶かされることで歯に穴が空いて虫歯になります。

 

 

歯周病

 

歯垢を落としきれないものを放置してしまって、歯と歯ぐきの境目や歯と歯の間に歯垢がついた状態が長く続くと、細菌の温床となってしまい、細菌が出す毒素によって歯ぐきが炎症(歯肉炎)を起こします。歯肉炎を治療せずに放置してしまうと、歯を支えている歯槽骨という骨が溶かされてしまい、歯周病を発症します。
歯周病になってしまうと歯肉や歯槽骨がダメージを受け、歯肉の出血や腫れ、歯のぐらつきなどの症状が現れます。

 

症状がより進行してしまうと、歯が抜けてしまい後悔しても抜けた歯は戻ってきません。歯周病になってしまう前に、きちんと正しいブラッシングをして歯垢を取り除いて、普段からマウスケアをすることが大切です。

 

歯石

ブラッシングをしっかりとしているつもりでも、口の中は狭く見えにくいため、歯の裏、歯が重なっている部分、奥歯などには歯ブラシが届きにくく磨き残しができてしまいます。そういった場所には歯垢が残ってしまい、そのまま放置することで歯石になってしまいます。

 

歯石には、歯と歯肉の境目に形成される歯石「歯肉縁上歯石」と、歯と歯肉の間にある溝(歯周ポケット)や歯肉で隠れている場所に形成される歯石「歯肉縁下歯石」の2種類があります。

 

歯石は硬いので歯磨き粉ででブラッシングしても落とすことができず、ついてしまった歯石を取り除くには、歯科医院で歯石除去の施術(スケーリング)をしてもらうしか方法がありません。

 

歯垢をキレイに除去するには

歯垢を放置してしまうと歯石ができてしまい、その部分にまた新たに歯垢がついてしまい細菌がどんどんと増殖していくため、歯周病になってしまうリスクが高くなってしまいます。そのため、虫歯や歯周病を予防するには、口内の歯垢をキレイに除去することが必要になります。

 

歯の表面についている歯垢は水で口をゆすぐだけでは除去することができないので、毎日の歯磨きや歯間ケアをすることで口内をキレイに保つことができます。

 

歯ブラシによるブラッシング
歯垢を除去するには歯ブラシで歯磨きをすることが大切です。磨きにくい奥歯や歯並びの悪い歯の間、詰め物の周りなどは虫歯や歯周病になりやすいため磨き残しがないようにしましょう。歯の表面についてしまう黄ばみや着色汚れを落とすことで、より口内を清潔に保つことができるので、歯に優しい研磨剤が入っていないホワイトニング歯磨き粉を取り入れてみましょう。

 

デンタルフロス・歯間ブラシによる歯間ケア
歯ブラシだけでは歯と歯の間の歯垢を除去しきれないため、デンタルフロスや歯間ブラシで歯垢を取り除くことも大切です。
デンタルフロスは細い糸でできているので、歯と歯の間の隙間が狭い部分の歯垢を除去するのに適しています。糸のみのタイプと持ち手のついたタイプ(糸ようじ)があるので、自分のサイズに合った使いやすいものを探してみましょう。

 

歯垢についてまとめ

歯垢を放置して歯周病になってしまうと、大切な歯をなくしてしまうだけではなく、歯周病が生み出す有害な物質が血液に入って全身に運ばれてしまうと、心筋梗塞や脳梗塞になってしまうこともあると言われています。そのため、歯垢をきちんと落とすことは病気の予防や、年を重ねても歯を多く残すためにとても重要なことだということがわります。

 

歯の健康を守るためにも毎日の歯磨きや、3ヶ月に1度、最低でも半年に1度は歯科検診をすることをおすすめします。ちなみに、歯のクリーニングをしてもらうことで、歯の表面の黄ばみや着色汚れも落としてもらうことができるので、本来の歯の白さを取り戻すこともできます。

 

歯の健康を維持するために、歯の表面に傷がつかないようにするために研磨剤が含まれていないものや、発泡剤が含まれていないもので、歯のすみずみまでしっかりと磨くことができるものを選びましょう。

 

良質なホワイトニング歯磨き粉には、着色汚れ(ステイン)を浮かせて落とし歯石を抑制する効果がある「ポリリン酸ナトリウム」の成分が含まれているものもあるので、毎日の歯磨きで歯垢が残らないような歯磨きで予防しましょう。