笑顔に自信が持てる白い歯とは?

 

初めて会った方と対面したときに、顔の表情や顔立ちなど無意識に見てしまうのとともに、会話をするときにどうしても目がいってしまうのが口元です。第一印象で歯の黄ばみや着色汚れによって口元の印象が悪ければ、イメージダウンという事もあります。

 

歯の黄ばみや着色汚れが気になって、自然な笑顔を見せることができないという方は少なくありません。笑顔に自信を持つことができなくて口を手でかくしたり、笑顔が減ってしまうことはせっかくの魅力のある笑顔がもったいないと思いませんか?

 

キレイな口元が与える印象とは?

人は見た目で判断してはいけないということはわかってはいても、初対面の方が歯に黄ばみや着色汚れがあると、「歯を磨いていないのかな?」「だらしない」など、不潔や不健康そうな印象を持たれてしまいます。

 

恋愛や対人関係、営業の仕事、接客業などでも「笑顔が大切」ということをよく聞きますが、白い歯でキレイな口元が具体的に相手に与える印象とはどのようなものがあるでしょうか。

 

清潔感

不潔が好きだ!という方はなかなかいないと思いますが、ほとんどが清潔な方が好きなのではないでしょうか。白い歯は清潔な印象を与えるのでどんな方からも好感を持ってもらえます。
相手へのエチケットとして、きちんと口元のメンテナンスをしており、自分自身のケアをすることができるしっかりとした印象も与えることができます。

 

笑顔が印象的

歯の黄ばみや着色汚れにによって笑顔に自信を持つことができないと口を手でかくしたりするため、せっかくの魅力的な笑顔を見せることができなくなってしまいます。
白い歯で自信を持つことができれば、笑ったときに見える白い歯が見えることで笑顔がとても印象的になり、相手が自分のことを思い出そうとしたときに笑顔が浮かぶのではないでしょうか。

 

若く見える

歯の黄ばみや着色汚れがあると、顔のトーンが暗くなって老けて見えてしまうことがあります。
歯が白いとメイクのコントラストをくっきりと見せてくれたり、似合う口紅の色も増えたりなど、白い歯で自信を持つことで口角が上がって若々しい印象になります。

 

歯を白くするための日常のケアにはどんな方法があるの?

毎日きちんと歯磨きをしているのに、着色しやすい色の濃い食べ物や飲み物、口内環境が悪いことなどによって、歯が黄ばんでしまったり、歯の表面に着色してしまったりします。

  • 歯垢(プラーク)

    歯の表面に膜のようになって付着している唾液の中の糖タンパク成分(ペリクル)に、口の中の環境がよくないときに細菌が付着してしまうことによって、白または黄白色の歯垢が形成されます

  • 着色汚れ(ステイン)

    普段食べたり飲んだりする、お茶・コーヒー・チョコレート・赤ワインなど、食べ物に含まれるポリフェノール類とペリクルが結びついてしまうことによって、歯の表面にステインとなって付着したもの

歯の黄ばみや着色汚れが気になっている場合、まずは、自宅で簡単に始めることができるホワイトニング歯磨き粉で、歯の表面の汚れを除去することから始めてみましょう。

 

ホワイトニング歯磨き粉

 

すでに歯の表面に黄ばみや着色汚れがついてしまっている方の場合、歯の表面の汚れを落とす効果と同時に歯をコーティングして、汚れや着色が再び付着しないように予防してくれる成分が配合された、ホワイトニング歯磨き粉がおすすめです。

 

ポリリン酸ナトリウム
歯の表面に付着している黄ばみや着色汚れが気になっている方におすすめの成分で、黄ばみや着色汚れを落とす効果と同時に歯をコーティングして、汚れや着色が再び付着しないように予防をしてくれます。

 

ハイドロキシアパタイト
エナメル質に近い成分でできており、プラークやステインをつきにくくする効果があり、汚れを吸着して取り除きやすくしてくれます。また、歯の表面についてしまった凸凹の傷を埋めてくれるため、美しい歯にしたい方におすすめの成分です。

 

ただし、ホワイトニング歯磨き粉は歯を本来の白さにするだけのものなので、歯の内側から漂白して真っ白にすることはできません。
また、コーヒー、紅茶、ウーロン茶、赤ワインなど色の濃いものを口にすると、歯の表面に少しずつ色素が沈着してしまいます。色の濃いものを飲食したあと、軽く歯磨きをすることができれば一番いいのですが、できなければ水で口をゆすぐだけでも着色汚れを予防することができます。

 

まとめ

歯に黄ばみや着色汚れがあると、歯を見せないように口元をかくしたり、表情がぎこちなくなって人とのコミュニケーションもとりにくくなります。白い歯で自信を持つことができれば、こうしたことを気しないで進んで人とコミュニケーションをとることもできます。

 

魅力的な笑顔のために、まずは自宅でホワイトニング歯磨きを使って歯の表面の汚れを取り除いてみましょう。
すぐにでももっと歯を白くしたいと思う方は歯科医院でしか取り扱うことができない、過酸化水素を使用したホワイトニングがおすすめです。ただし、過酸化水素を使用したホワイトニングは歯にしみて痛みが出ることがあります。