ホワイトニング歯磨き粉でどれぐらい白い歯になれる?

 

テレビや雑誌などで見かける芸能人やモデルなどの真っ白な歯を見てから自分の歯の色を見比べてみると、歯の黄ばみや着色汚れが気になってしまい白い歯になりたいなと思ってしまいますよね。

 

ただ、自分のなりたい歯の白さが芸能人やモデルのようにまぶしくなるような真っ白な歯かというと、一般的な日本人が好むのは黄ばみや着色汚れのない自然な白い歯です。

 

そもそも自然な白い歯って真っ白なの?

人間の歯の色は「白」というイメージがあるのですが、よく見ると一人ひとり歯の色は違っているのはなぜなのでしょうか。
歯の色の個人差は、エナメル質の色・透明度・厚さ、象牙質の色の組み合わせによって歯の色が決まり、一人ひとり歯の色は違っています。そのため、歯の表面に汚れがついてしまう前の自然な歯の白さは、もともとまぶしくなるような真っ白!というわけではありません。

 

歯の構造は大きく3層構造からなっており、歯の一番外側(表面)には白色で半透明の「エナメル質」、その下には黄色っぽい「象牙質」があり、象牙質の中には歯の神経である歯髄があります。

象牙質の色の違い

歯の象牙質の色は一人ひとり違っており、黄色っぽい象牙質の色は肌や髪の色と同じように、生まれつき色の薄い方もいれば濃い方もおり、白色半透明のエナメル質をから透けて見える象牙質の色がその方の歯の色ということになります。

 

エナメル質の厚さや色の違い

人の歯の白さを左右するエナメル質の厚さや透明度は人によって違いがあり、エナメル質が厚いほど中にある象牙質の黄色が隠れるため歯が白く見え、薄いほど象牙質の黄色が透けて歯の色が黄ばんで見えてしまいます。

 

日本人が含まれている黄色人種のエナメル質は、白人や黒人の方よりも薄いので象牙質の色が透けて見えてしまい、欧米の方よりも日本人の歯の方が黄色く見えてしまいます。

 

デンタルケアに対する意識の違い

最近は日本でもホワイトニングを意識する方が増えてきてはいるものの、ホワイトニングが一般的になっている欧米の方より、まだまだデンタルケアに対する意識が低いと言われています。

 

そのため、歯のクリーニングや定期健診などをしていない方も多く、欧米の方と比べると歯の表面に汚れが残っている方が多いため、デンタルケアを意識している方とそうでない方の歯の白さには大きな違いが見えます。

 

歯科医でのホワイトニングと自宅でのホワイトニング歯磨き粉の違いとは?

歯の黄ばみや着色汚れなどが気になり、ホワイトニングをしたいなと思ったときにまず思い浮かぶのは、歯科医院でのホワイトニングではないでしょうか。しかし、歯を白くしたいとは思うもののなかなか行くことまではできない…という方は、まずは自宅でできるホワイトニング歯磨き粉を始めてみるのがおすすめです。

 

ただし、販売されている多くのホワイトニング歯磨き粉には「歯を白くする!」とうたっていたりするため、真っ白な歯をイメージすると思いますが、ホワイトニング歯磨き粉では芸能人やモデルのような真っ白な歯になることはありません。

 

では、歯科医院で施術するホワイトニングとホワイトニング歯磨き粉はどのような違いがあるのでしょうか。

 

歯科医院で行うホワイトニング

 

歯科医院で施術されるホワイトニングは、歯の色素を分解する成分「過酸化水素等」を含む薬液を歯の表面に浸透させ、LED照射を使用して活性化させることで、歯の白さや明るさをアップさせます。

 

過酸化水素を使用したホワイトニングは、歯にしみたり、歯茎に付着したときに漂白成分によって白くなってしまうこともあるため、歯科医師や歯科衛生士で国家資格を持っていないと取り扱うことができません。

 

今すぐにでも歯を真っ白にしたくて、お値段がある程度かかってもかまわないという方は、歯科医院でのホワイトニングがおすすめです。

 

歯の色を表すシェードガイドって何?

 

歯科医院や歯科技工士さんが歯の詰め物や被せ物をするときに、患者さんの歯の色にできるだけ合った色の材料を選ぶために使う器具のことを「シェードガイド(歯の色見本)」といいます。

 

シェードガイドを作っている会社はいくつかあるのでメーカーによって違いますが、一般的に色の種類はA〜Dのアルファベット、色の濃さは数字で表されており、アルファベットと数字の組み合わせで色を表しています。

 

最も多く使われているシェードガイドでは、一番白い色の「W1・W2」の芸能人レベル、「W3〜A1」の周りに白いと気がついてもらえるレベル、最も黄色く見える「C4」まで20種類近くの色見本があり、日本人の平均的な色はA3.5と言われています。

 

自宅で始められるホワイトニング歯磨き粉

 

ホワイトニング歯磨き粉には、歯の表面の黄ばみや着色汚れなどを落とすための清掃剤、ポリエチレングリコール、ポリリン酸ナトリウムなどの薬用成分が配合されており、汚れを浮き上がらせて除去する効果があります。

 

ホワイトニング歯磨き粉は、歯の内側から漂白して真っ白にすることはできませんが、歯の表面の黄ばみや着色汚れ、ヤニなどを浮かせて除去し、再び汚れをつきにくくするという効果があり、本来の自然な歯の白さを取り戻すことができます。

 

しかし、市販の安いホワイトニング歯磨き粉に多いのですが、汚れを浮き上がらせて落とすわけではなく大きい粒の研磨剤で汚れを削り取るものがあり、歯のエナメル質にキズがつき、さらにその部分に汚れが付着しやすくなってしまうため注意が必要です。

 

歯の表面を傷つけて簡単に落とす成分ではないため少しお値段は高めになりますが、歯の表面の汚れを浮き上がらせて除去する成分が配合された歯磨き粉が安心です。

 

まとめ

人と対面したときの第一印象に大きく影響を与える歯の白さは、黄ばみや着色汚れが目立って不潔な印象を与えてしまうよりも、やはり白くてキレイな歯で清潔感のある印象を与えられるようがいいですよね。

 

本来の自然な歯の白さは、持って生まれた歯のエナメル質の厚さが象牙質の色などによって一人ひとり違っていますが、理想に思う白い歯の基準も人それぞれ違っています。

 

口内の環境の悪さであったり食べ物や飲み物による歯の黄ばみや着色汚れ、タバコを吸うなど、さまざまな理由によって、歯の表面には汚れがつきますがホワイトニング歯磨き粉で毎日歯磨きをしたり、歯科医院でクリーニングをしてもらうことによって、歯を本来の白さに戻すことができます。しかし、自然な歯の白さには限度があります。

 

歯の白さをもともとの色よりも白くしたい場合、歯科医院でのホワイトニングをしてもらいましょう。一般的な日本人が好む自然な歯の白さをと思っている方は、ホワイトニングをしたあとの歯の白さを歯科医院の先生とじっくりと相談してから施術してもらいましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正しいブラッシングできれいに汚れを落としてホワイトニング効果をアップ!

毎日歯の汚れを落とすためにしている歯磨きですが、なんとなくで磨いていたりはしませんか?せっかくホワイトニング成分が配合された歯磨き粉を使用していても、正しいブラッシングができていなければ歯の汚れはキレイになりません。

 

ホワイトニング歯磨き粉の効果をしっかりと実感できるように、歯と歯の隙間や細かい溝にも成分が行き届くような、小回りが利く毛先がやわらかい四角断面毛の歯ブラシを選ぶことも大切です!

 

 

歯医者さんが推奨するブラッシング方法

 

 

スクラビング法(3分)+バス法(2分)を組み合わせましょう!

 

  • スクラビング法


    歯の外側は歯ブラシの毛先を歯に90度にあてて、鉛筆を持つようにして力を入れすぎず(毛先が広がらない程度)小刻みに横に動かし、歯の内側は歯ブラシの毛先を歯に45度にあてて磨き、歯間部の歯垢を落とします。

  • バス法


    歯ブラシの毛先を歯ぐきと歯の境目に45度の角度にあてて、鉛筆を持つようにして力を入れすぎず(毛先が広がらない程度)小刻みに横に動かして磨き、歯周ポケットの汚れをかき出す磨き方です。

 

正しいブラッシング方法で歯磨きをすることで、ホワイトニング効果だけではなく、虫歯や歯周病などの予防もすることができます。年齢を重ねたときにしっかりと健康でキレイな歯を残しておけるように、毎日やさしくしっかりと磨くことが大切です。

 

ホワイトニング歯磨き粉のまとめ

ホワイトニング歯磨き粉は自宅で簡単に始めることができます。しかし、選ぶ歯磨き粉によっては大きい粒の研磨剤で毎日歯のエナメル質を少しずつ削っていると思うと怖いですよね。

 

そのため、歯にやさしい悪影響を与えることが少ない成分で歯の表面を傷つけない、歯に安心の超極小粒の研磨剤「薬用ハイドロキシアパタイト」や、歯の表面の黄ばみや着色汚れを浮かせてから落とす「ポリリン酸ナトリウム」が使用されているものがおすすめです。

 

ホワイトニング歯磨き粉は、即効性はないので歯が自然な白さを取り戻すまでに歯の白さには個人差がありますが、3〜4か月程度かかるため、毎日の歯磨きに取り入れてやさしくしっかりと歯磨きをしていきましょう。