ホワイトニングペンの歯を白くする効果や正しい使い方とは?

 

ドラッグストアなどでも手軽に購入することができ、自宅で手軽に歯の表面の黄ばみや着色汚れを除去するアイテムとして、ホワイトニングペンがあります。

 

ホワイトニングペンという言葉通りにペン状になっており、ペン先から出るジェルを直接歯に塗ります。では、ホワイトニングペンはどのタイミングで使用して、どんな効果があるのでしょうか。

 

ホワイトニングペンの効果とは?

ホワイトニングペンは、ペンの先から出るホワイトニング成分が配合されたジェルを歯に直接塗ることで、歯の表面の黄ばみや着色汚れを落とすことができます。

 

日本製のホワイトニングペンに配合されている成分には、歯の内側を漂白する成分である過酸化水素は配合されていないので安全性は保証されています。

 

日本では薬事法によって、過酸化水素は歯科医院でのみ取り扱いが許可されているため、日本製のホワイトニングペンでは歯の漂白ではなく、歯の表面の汚れを除去して、本来の歯の白さを取り戻します。

 

ホワイトニング歯磨き粉と同じで、海外で販売されているホワイトニングペンの中にも、歯科医院で施術するときと同じ漂白成分である薬剤が配合されているものがあります。

 

ホワイトニングペンの使用方法とは?

ペンタイプはジェルをピンポイントで塗ることで、気になっている部分の歯の表面の汚れを落とすことができます。

 

@ 歯の表面を乾燥させる
一番始めにすることは歯の表面をきれいに磨いて、その後歯の表面の唾液をティッシュなどでふき取って乾燥させます。
歯に水分が付着しているとホワイトニングペンの成分がしっかりとつかないため効果を発揮できません。

 

A 歯にホワイトニングペンのジェルを塗る
ホワイトニングペンは乾燥した歯の表面に塗ります。商品によって1度塗ってから、しばらく時間をおいて2度塗りをするものがあり、2度塗りをする方がホワイトニング成分が定着しやすくなります。

 

B ブラッシングで汚れを除去する
2度塗りをしてから歯が乾いたら、ブラッシングをして汚れを除去します。ブラッシングをすることによってホワイトニングペンの成分によって、剥離された歯の表面の汚れを除去することができます。

 

ホワイトニングペンは、商品によっては2種類あったり、塗った後そのままブラッシングをしなくてもいいものもあります。
使用する方法は簡単なので、個人差はありますが毎日継続して使用することで歯の表面の黄ばみや着色汚れを除去されて歯がきれいになっていきます。

 

 

「ボディマジック ホワイトニングペン」

 

日本製のホワイトニングペンで代表的な商品、ナチュラルホワイト社の「ボディマジック ホワイトニングペン」には、亜塩素酸ナトリウムが配合されていますが、洗浄剤として配合されているもので漂白効果はありません。

 

ホワイトニングペンを使用するときに注意したいこととは?

ホワイトニングペンを使用するときには、歯医者さんへ行くときに言われなくても歯を磨いていくように、使用前には効果をきちんと実感できるように歯をきれいに磨くことが大切です。

 

また、日本製のホワイトニングペンの成分には、薬事法によって厳しき規制された成分が配合されているので、ホワイトニング成分が歯にしみたり痛みが出たりする心配はありませんが、ホワイトニングが一般的になっている海外製品のホワイトニングペンの成分には、漂白成分として日本では認められていない過酸化物の濃度が比較的高いものがあります。

 

過酸化物は濃度が高いほど歯が痛くなったり、歯茎に炎症が起こってしまう可能性があったりするので安全面に不安があります。ネットなどで日本にいても海外製のものが簡単に購入できてしまうため、購入するときには必ず注意書きを読んでください。(ちなみに注意書きに関しては一般的に英語で書かれています)

 

海外製のホワイトニング成分は効果が高いのですが、トラブルが起こってしまった場合は自己責任となってしまうため、使用するときには注意が必要です。

 

まとめ

現在は日本でも歯のホワイトニングをする方が増えてきたので、さまざまなホワイトニングのアイテムが市販で増えてきました。
歯の表面の黄ばみや着色汚れを落として本来の歯の白さを取り戻したいという方は、ホワイトニング歯磨き粉やホワイトニングペンがおすすめです。

 

外出先でコーヒーや紅茶などの色の濃いものを飲んだりしたときに、お手軽にホワイトニングペンでケアができるのは、歯の表面の黄ばみや着色汚れの予防にもなります。

 

日本製のホワイトニング歯磨き粉やホワイトニングペンの成分に関しては安全と言えますが、海外製のものに関しては漂白効果は期待できるものの安全だとは言い切れないものも多くあるため、使用するときには注意をしてください。

 

歯の表面の汚れを落とすだけではなく、歯の内側から漂白して歯を白くしたいという方は、安全性の面からも歯科医院で施術してもらうことをおすすめします。